RAW FILM blog

<< 神保町映画祭 WEB配信(更新) | main | 師走の短編上映会 2017 >>
花火は平等だ

花火は平等だ。花火は花火でも、打ち上げ花火は平等だ。誰にでも見ること、体験することが開かれている。いつも、夏になり、打ち上げ花火を見る時にこの考えが僕の頭に浮かぶ。

 

季節は今、冬なのに今更なぜ打ち上げ花火なのかというと、映画「The Florida Project」の予告編を見ていて、その中で母と子供たちが野原で打ち上げられた花火を見てとても幸せそうにしているシーンがあり、僕がここ最近、その予告編を繰り返し見ていることにある。そのシーンを見て、ああ打ち上げ花火っていいよなあ、そうだよなあ、やはり平等なんだよなあと思ったからだ。僕がなぜ打ち上げ花火が平等だと考えるかというと、お金がなかろうがあろうが、多くの人がその時、その土地のどこからでも花火を見て楽しみ、そして感動することができるという理由からだ。万人に開かれたエンターテイメントだと思っている。打ち上げ花火を見ることでお金はとられない。

 

思うが、夜空に高々と打ち上げられた花火を、人は人生で何度くらい見る機会があるのだろう。そしてずっと記憶に残る花火の体験とは何度くらいあるのだろうか。ずっと記憶に残る花火の体験というのは、意外と数えるくらいしかないのではなかろうか。人が生きていき、年を重ねていくうちに、花火を見た記憶は人生のところどころに焼き付けられているものではないかと思う。あれは小学生ときに野っ原から見た打ち上げ花火だったとか、30代の頃、あの人と見たものだったというように。僕の場合で言えば、記憶に残っている打ち上げ花火の体験というのはおそらく5度くらいだ。
そのうちの一つは、僕が30歳の頃に見たものだ。高速道路を車で走っていた時、父がわざわざ車をパーキングエリアに停めて見せてくれた宮島の打ち上げ花火だ。その花火は父の立ち姿と、遠くに見える打ち上げ花火と一緒になって、僕の記憶の中に今でも残っている。

 

一つの花火が打ち上げられれば、それを見た多くの人がその人数分の花火の時間の記憶を持っているわけだ。花火から放たれた光と色は、その人の時間を記憶に焼き付ける。その花火の記憶を持ち続ける人、忘れてしまう人、様々だろうが、それだけの多くの人の記憶に残り、一気に楽しませる花火というものは凄いといつも見ていて思う。スケールは違うが、それは星や月や太陽に似た真っ直ぐさがある。花火は人を選ばず誰にでも分け隔てなく光と色を放ってくれる。

 

| 文章 | 23:05 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE